職人が作るガラスのアクセサリー

D&DEPARTMENTではaccessories 2018を開催中。日本各地からその土地らしい技術や素材を使ったアクセサリーやファブリックが集結しています。今回はその中のひとつ、HARIOのアクセサリーをご紹介します。

1921年に創業し、理化学器具や食器を作ってきた耐熱ガラスメーカーHARIO。”ガラス職人が丹念に作った作品を届けたい、手加工の技術を次の世代に残したい”という思いから誕生した、ガラスのアクセサリーブランド「HARIO Lampwork Factory」。普段は置いていない商品ですが、クリスマスの期間限定でD&DEPARTMENTでお試しいただけます。

普通のガラスよりも軽い、耐熱ガラスでできているのでとても軽いつけ心地。透明度の高いクリアのガラスなので服の色や雰囲気を問わず、合わせやすいので普段使いにお勧めです。東京・日本橋の工房で、ひとつひとつ手作りで作られているので、同じデザインのものでも少しずつ個体差があり、一点ものの感覚で愛着がわきます。もし割れてしまった場合は修理ができるので、安心して長くお使いいただけます。ご自分用やプレゼントにいかがでしょうか。

期間は2018年12月27日(木)までです。この機会にあなただけのお気に入りを探しに来てくださいね。

accessories 2018

・HARIO Lampwork Factory(東京)
・OCHIAI DESIGN PROJECT / calyx(神奈川)
・JINBO PEARLS(滋賀)
・PENTA(広島)
・羽田忠織物(山梨)
・saredo(奈良)
・氷室友里/HIMURO DESIGN STUDIO

中井 彩子

面白そう!やってみたい!の気持ちを大切にしていたら、埼玉→富山→東京→愛知を経て北海道にやってきていました。身長のわりにたくさん食べるので、驚かれること多数。フィルムカメラ1年生。

コメントを残す