鳥の声とともに夜が明ける

今滞在している hoshihana village では、鳥たちの声と共に朝が始まります。チェンマイの夜明けは日本よりも遅く、まだ暗いうちから鳥たちが賑やかに鳴き出します。本日のチェンマイの日の出は5時59分。東京は4時54分、札幌は4時35分ですから1時間以上も日の出が遅い。先日、いつもより鶏たちが騒がしいと思ったら、どうやら鶏小屋の雄鶏が、蛇と戦ったのか、大怪我をしたようです。鶏小屋を守っていた唯一の雄鶏が、回復できるかわからないほどに弱っています。

鳥の合唱 birds sing in chorus #庭的鳥声採集 #4月 #chiangmai

Shin Sasakiさん(@shin_sasaki)がシェアした投稿 –

札幌では、僕たちが入居している3階建てのビルの屋上に庭をつくる計画を進めています。野菜を育て、みつばちを飼い、鶏がたまごを生む予定。僕たちが目指しているのは都市にある小さな庭。一方、hoshihana village はチェンマイ郊外にある大きな庭です。プールを中心に7棟のコテージが建ち、食堂、ショップ、イベントが開催できるホール(といっても壁がないオープンなつくり)などが点在しています。畑もあり、その隣の鶏小屋では80羽の鶏たちが毎日たまごを産んでいます。hoshihana village と庭ビルとでは、規模も気候も大きく異なりますが、通い続けるうちに共通点が見えてきた気がします。日本でも耳をすませば鳥の声が聞こえるのかもしれません。

Shin Sasaki

デザイナー、D&DEPARTMENT HOKKAIDO のオーナー、一児の父。お酒は飲めません。学生時代にミニシアターで映写技師として働いていたので8mm、16mm、35mmの映写ができるのですが、その技術を活かす機会は20年で1度だけ。

コメントを残す