The Jefferson Grid

うまく説明できるかわかりませんが、理解している範囲で書いてみます。写真はジェファーソン・グリッドと呼ばれるもので、アメリカ合衆国で1785年に採択された、公有地条例によって築かれた測量システムがベースになってできた風景です。

写真の中央に見える正方形は街区(section)と呼ばれ、1マイル四方。その街区が36個集まって郡区を形成していたそうです。土地を効率的に管理するために、街区(1平方マイル)、郡区(6平方マイル)と指定したんですね。今でもその風景が残っていて、Google Earth で見ると、ちょうど1平方マイルに収まった町並みがみつかるようです。

そして、それがなぜジェファーソン・グリッドと呼ばれるかというと、アメリカ合衆国第三代大統領のトーマス・ジェファーソンが公民地条例の制定に何らかの形で関わっているから、ということのようです。ちなみに1マイルは約1.6km。

11116823_1696638017262923_16402462_n.jpg

11248185_669680246501635_1245062144_n.jpg

12534298_176643832691895_743728682_n.jpg

11934664_1494902587475369_1948424281_n.jpgTownship.png

Shin Sasaki

デザイナー、D&DEPARTMENT HOKKAIDO のオーナー、一児の父。お酒は飲めません。学生時代にミニシアターで映写技師として働いていたので8mm、16mm、35mmの映写ができるのですが、その技術を活かす機会は20年で1度だけ。

コメントを残す