名刺

自社の名刺をデザインしています。仕事で友人の会社の名刺をデザインしていたら、自社の名刺もデザインしたりました。まだデザインしている最中ですが、このあと大きくずれることはなさそうです。

現在使用している名刺は、以前デザイナーとして一緒に働いていた阿部寛文くんがデザインしたもので3〜4年くらい使用しているでしょうか。当時僕は意識的に自分でデザインすることを避けていた時期でしたし、阿部くんのセンスを信頼していたので、彼に任せることに迷いはありませんでした。リクエストしたのはスタンダードであって欲しいということくらいで、特に具体的な指示を出した記憶がないので、当時の阿部くんが思い描く3KGの名刺が形になっているでしょう。

今回名刺をつくってみて、いくつか考え方が変わっていることに気が付きました。

まず肩書き。以前は、Creative Directorや、Art Directorなど、役割を細分化していました。デザイナーとして働き始めて20年程経ちますが、Graphic Designer → Art Director → Creative Director と役職を変えてきました。いったい僕は何がしたかったのでしょうね。一周りして、Designer に戻ります。Graphic は少し窮屈な気がするので外しました。今回から、デザイン部門はみんな Designer になります。

次に、お店のスタッフにも3KGの名刺を用意しようと思います。実は店がオープンした当初は、お店のスタッフも全員3KGの名刺を持っていました。dの名刺ではなく、3KGの名刺を持っていたんです。現在は d の名刺だけを持っていますよね。お店のスタッフがどの名刺を持つのかは、とても微妙な問題で、D&DEPARTMENTとしての統一感と、3KGとしての統一感が干渉する非常に興味深い地点です。今後は、d の名刺と 3KG の名刺を用意しようと考えています。正直必要なのかよくわからないのですけれど、お店のスタッフにも3KGの名刺を持っていて欲しいと考えています。

Shin Sasaki

デザイナー、D&DEPARTMENT HOKKAIDO のオーナー、一児の父。お酒は飲めません。学生時代にミニシアターで映写技師として働いていたので8mm、16mm、35mmの映写ができるのですが、その技術を活かす機会は20年で1度だけ。

コメントを残す